蜷川実花展

公開日 2012年02月24日

最終更新日 2015年02月03日

2011年度展覧会

蜷川実花展

会 期:2012年2月24日(金)~4月8日(日)

『蜷川実花展』ちらし


 

生命感あふれる花々、幻想の中にただようような金魚、枯れない思いを象徴する南国の造花、それら光輝くイメージの裏にある影。時代を代表する俳優やアーティストのポートレイト。常にその時々の瞬間を、色あせることなくとどめようとする試みを続けてきた蜷川実花の沖縄での初めての大規模な展覧会が、浦添市美術館にて開催されます。

蜷川実花は2008年から2010年まで国内美術館を巡回した個展「蜷川実花 地上の花、天上の色」で、のべ18万人もの動員を記録して以降、国内のみならず海外での活躍も目覚ましく、ヨーロッパ、アジアなど世界的に活躍しています。

この展覧会では、沖縄では初めての発表となる多数の作品を含め、100点を超える作品が展示される他、今まで美術館の展覧会ではなかなか見る機会のなかった映像、展示室を大きくつかったインスタレーション、また、これまで出版してきた多数の出版物などを見ることができる、貴重な機会となります。

『蜷川実花展』ちらし・作品紹介
  • 1. Acid Bloom 2003
  • 2. FLOWER ADDICT 2009
  • 3. 永遠の花 2005
  • 4. a piece of heaven 2002
  • 5. BABY BLUE SKY 1999
  • 6. noir 2010
  • cmika ninagawa
    All Rights Reserved.1-6
    Courtesy of Tomio Koyama Gallery
 
蜷川実花プロフィール
東京都生まれ。第13回キャノン写真新世紀優秀賞(1996年)、第26回木村伊兵衛写真賞(2001年)など数々受賞。雑誌・広告業界でのキャリアをはじめ、ヴァリエーション豊かな作品集を刊行、また映画『さくらん』(2007年)では監督を務めるなど、今最も活躍する写真家の一人。2010年、Rizzoli N.Yから写真集「MIKA NINAGAWA」を出版、世界各国で話題となっている。http://ninamika.com
 
『蜷川実花展』のご案内
会   期 :2012年2月24日(金)~4月8日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
        ※金曜日は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
休 館 日 :2月27日(月)、2月27日(月)、
観 覧 料 :一般・大学生1,000円(前売 800円)、
       小・中・高校生以下800円(前売 600円)
        ※障害者手帳をお持ちの方、小学校就学前の幼児は無料
        ※20名以上の団体での来場で前売料金
会   場 :浦添市美術館 企画展示室 第1・2・3室、講堂
主   催 :沖縄テレビ放送
お問い合わせ:沖縄テレビ放送事業部(電話 098-869-4415)

お問い合わせ

浦添市美術館