2014年度イベント「琉球の漆文化と科学 2014」

公開日 2014年10月30日

最終更新日 2015年03月03日

2014年度イベント

 

【琉球の漆文化と科学2014は、都合によりプログラムを大幅に変更しております。
ヨーゼフ・クライナー博士は体調不良のため参加されません。】

浦添市美術館・明治大学「漆の戦略的研究基盤形成プロジェクト」

琉球の漆文化と科学 2014

神女・ノロの祭祀具から見える漆の世界~久米島・伊是名・奄美の漆器より~

開催日時:2014年11月15日(土) 13時30分~13時00分~

琉球の漆文化と科学2014

5回目を迎える今回は、「神女・ノロの祭祀具から見える漆の世界~久米島・伊是名・奄美の漆器より~」をテーマに、琉球・奄美の島々に伝わった祭祀具の科学分析の報告と、そうした祭祀具の背景についてご紹介いたします。 また、科学、民俗、美術工芸の分野からの報告、ポスターセッションも開催いたします。

 

琉球の漆文化と科学2014プログラム(最新)[PDF:87KB]

ここからプログラムがダウンロードできます。(PDFファイル)

 


『琉球の漆文化と科学2014』のご案内
日時 2014年11月15日(土)13時00分~17時30分
場所 浦添市てだこホール(小ホール)
主催 浦添市美術館・明治大学「漆の戦略的研究基盤形成プロジェクト」
受講料 無料
日程

日 程

13:00~13:05 開会の挨拶    

13:10~13:30 琉球漆芸研究の今(研究会の意義)/宮里 正子(浦添市美術館 館長)     

13:35~13:55 科学分析からみえる琉球漆芸/宮腰 哲雄(明治大学理工学部教授)

13:55~14:00 休憩

14:00~14:30 報告1「久米島のまつりとノロの祭祀具」

             宮良 みゆき(久米島博物館 学芸員)

14:30~15:00 報告2「久米島・君南風ノロの衣装櫃」

             本多 貴之(明治大学理工学部 講師)

15:00~15:30 報告3「伊是名島のまつりとノロの祭祀具

             當山 綾乃(浦添市美術館 学芸員)              

15:30~16:00 報告4「伊是名・四殿内のノロの丸櫃分析」

             伊郷 宗一郎(明治大学大学院理工学部研究科)

16:00~16:05 休憩

16:05~16:35 報告5「奄美のまつりとノロの祭祀具」

             町 健次郎(瀬戸内町立図書館・郷土館 学芸員)

16:35~17:05 報告6「奄美・加計呂麻島のノロの丸櫃分析」

             本多 貴之(明治大学理工学部講師)

17:05~17:10 休憩

17:10~17:30 質疑応答

17:30~18:00 ポスター発表

18:00~19:30 懇親会( 美術館喫茶室 花うるしを予定 会費 2000円 )

              参加希望者は浦添市美術館へお電話でお申し込みください。

電話098-879-3219(担当  山川)

ポスター発表(てだこホール小ホール) 12:30~13:00、17:10~17:50

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード