螺鈿展 きらめきで飾る-螺鈿の優品をあつめてー

公開日 2016年11月29日

最終更新日 2016年11月18日

平成28年度企画展

きらめきで飾る
   -螺鈿の優品をあつめてー
 


 

《螺鈿(らでん)》とは、夜光貝やアワビなどの貝殻を薄く加工し、文様の形に切り取って漆器に貼る技法です。貝のきらめきは昔から人々を魅了し、各地で特徴的な螺鈿の漆器が作られました。
 九州国立博物館と共同で開催するこの展覧会では、県内外の螺鈿の優品をあつめ、その美を紹介します。浦添展では九州展の作品を一部入替え、追加し、90点余りの作品が並びます。
 また、首里城銭蔵から発掘された螺鈿資料の展示や、「さまざまな螺鈿」と題したコーナーを設けて色々な用途や形、技法の面白い漆器なども展示します。楽しみながら螺鈿の様々な魅力に親しんでもらえれば幸いです。

 

 

〇会期 平成29年1月14日(土)~2月19日(日)
〇観覧料 一 般 800円(600)
                大学生 600円(400)
                高校生以下無料

企画展関連イベント

◆螺鈿展記念講演会「螺鈿の魅力」◆

講師 高橋隆博(元関西大学教授)
日時 平成29年1月22日(日)午後2時より
会場 浦添市美術館講堂 無料

 

ギャラリートーク ※講師変更のお知らせ
講師:川畑憲子(九州国立博物館主任研究員) ※講師の都合により当館学芸員がご案内します。
日時:1月14日(土)午後2時より
会場:美術館展示室 要観覧料

 

螺鈿実演とトーク
講師:前田孝允(沖縄県指定無形文化財琉球漆器保持者)
日時:1月15日(日)午後2時~4時
会場:美術館エントランスホール 要観覧料

 

牡丹唐草螺鈿菱形盆(東京国立博物館蔵)
TNM Image Archives
瑞雲双龍螺鈿椀(蓋付)(沖縄県立博物館・美術館蔵)
touhakutyousenbon kurourusi

 


会場情報

平成28年度 自主企画展
『きらめきで飾るー螺鈿の優品をあつめてー』 のご案内
会期 平成29年1月14日(土)~2月19日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※金曜日は午後7時まで(入館は午後6時30分まで)
観覧料

一 般 800円(600)
大学生 600円(400)
 高校生以下無料

休館日 月曜日
※ただし祝日または振替休日に当たる場合は開館します。
会場 浦添市美術館
解説会 ※毎週日曜日に開催しています。
※毎回午後2時から1時間程度行います。
※参加には観覧料金が必要です。

地図

浦添市美術館