【Bグループ用】平成29年度 実習生特別展「比べてみよう 漆の弁当箱 ~人々の暮らしの中の漆器~」

公開日 2017年08月17日

最終更新日 2017年08月13日

平成29年度 第1期常設展

比べてみよう 漆の弁当箱 ~人々の暮らしの中の漆器~

会期:2017年4月29日(土)~2017年9月10日(日)
 

 生活の中で身近に利用されているものを通して、当時の人々の漆との関わりや知恵についてお伝えします。

漆といえば献上品や交易品のイメージがありますが、人々の暮らしの中でも多く使われていました。

今回は、見た目の美しさだけでなく、用途や機能性においても優れていた「弁当箱」を紹介します。

 

 

黒漆螺鈿散重箱 透漆網代弁当入
漆639 漆688

 

会場情報

平成29年度 第 Ⅰ 期常設展
『比べてみよう 漆の弁当箱 ~人々の暮らしの中の漆器~』
ご案内
会期 2017年4月29日(土)~2017年9月10日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※金曜日は午後7時まで(入館は午後6時30分まで)
観覧料

 一般200円(160円)、大学生130円(100円)、
 65歳以上160円  ※高校生以下無料
 ※( )は20人以上の団体料金です。

休館日 月曜日
※ただし祝日または振替休日に当たる場合は開館します。
会場 浦添市美術館
担当学芸員 中村・与那城・稲嶺

地図

浦添市美術館