琉球の漆文化と科学2017

公開日 2017年08月27日

最終更新日 2017年08月16日

URUSHIふしぎ物語 ー 人と漆の12000年史 ー 関連発表

琉球の漆文化と科学2017

開催日時:平成29年9月16日(土) 13時30分~17時(13時受付開始)

会   場:浦添市美術館 講堂 入場無料

漆文化と科学2017チラシ表漆文化と科学2017チラシ裏

 

毎年漆に関する文化や科学をテーマとして開催される講演会。今年は美術館で開催中の「URUSHIふしぎ物語ー 人と漆の12000年史 ー」浦添展(9月15日(金)~10月22日(日))の展示関連発表となります。 

「縄文時代の漆文化とその始まり」   考古学  工藤雄一郎(国立歴史民俗博物館)
「1万3千年前のウルシとの出会い」  植物学  能城修一(明治大学)
「今帰仁の古墓と木棺」        考古学  玉城靖(今帰仁村歴史文化センター)
「化学分析による琉球漆器の技術解明」 分析科学 本多貴之(明治大学)

 

主催・問い合わせ先
主催

浦添市美術館
明治大学(本多研究室)

問合わせ先

浦添市美術館
(TEL:098-879-3219)

                                                                                   

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード