平成29年度 第3期常設展「漆のしるしー時の記憶ー」

公開日 2018年02月20日

最終更新日 2018年02月18日

平成29年度 第3期常設展

漆 の し る し
 ー 時 の 記 憶 ー

会期:2018年1月27日(土)~2018年5月27日(日)

 当館では、昨年からホームページや動画サイトで美術館と本市の文化財を紹介するプロモーションビデオ(PV)を配信しています。
 このオリジナル楽曲の歌詞から今回は「漆のしるし」と題し、琉球漆器の歴史とデザインや文様、周辺の国々の漆器を紹介します。

PV歌詞-1

title1

琉球王府と漆器

 琉球王府が製作した代表的な漆器を紹介します。
 また、漆器製作にも影響を及ぼしたであろう14世紀頃からの首里城出土品の中国陶磁器や巴紋と牡丹文の軒丸瓦、個人所有のノロ(神女)の勾玉や丸櫃、浮織手巾などを特別展示します。

キャプション
朱漆牡丹巴紋七宝繋沈金足付盆 常設1室
朱漆牡丹巴紋七宝繋沈金足付盆 常設1室


title2

文様の世界-花鳥・牡丹唐草・山水-

 琉球漆器で盛んに用いられる花鳥文・牡丹唐草文・山水文様にスポットをあてて紹介します。器に描かれた文様の世界をじっくりとご覧ください。

キャプション
朱漆花鳥密陀絵盆
朱漆花鳥密陀絵盆


title3

紅房のデザイン

 現代の琉球漆器を象徴する老舗「紅房(べんぼう)」(2000年閉店)の作品を紹介します。
 昭和初期の斬新なデザインや沖縄戦後のアメリカ統治時代の米軍向けの土産品、そして新たな伝統工芸の復活を紹介します。

キャプション
黒漆米軍戦車堆錦アルバム表紙
黒漆米軍戦車堆錦アルバム表紙


title4

周辺の国々の漆器

  漆芸はアジア独特の工芸です。所蔵品による中国・朝鮮・日本・東南アジアの国々の漆器を紹介します。

キャプション
黒漆秋草蒔絵螺鈿堤重
黒漆秋草蒔絵螺鈿堤重


title5

プロモーションビデオの特集・漆芸あれこれ

プロモーションビデオの放映とともに、その制作過程なども紹介。また、漆と漆芸について紹介します。
 当館オリジナルの琉球漆器人生ゲームのスゴロクもあります。ぜひとも、お試しください!
*このほか、第三室と第四室の通路で近代と現代の漆器や工芸品などをトピック展示いたします。

キャプション
プロモーションビデオ 触れる漆器
PV絵コンテ 触れる漆器

ギャラリートーク:毎週日曜日 午後2時~ 今回の展示と琉球漆器についてお話しします。
ゴールデンウィークは5月3日(木)~6日(日)まで午後2時よりギャラリートークを開催いたします!

会場情報

平成29年度 第 3期常設展
『漆 の し る し ー時の記憶ー』 のご案内
会期 2018年1月27日(土)~2018年5月27日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※金曜日は午後7時まで(入館は午後6時30分まで)
観覧料

 高校生以下 入場無料
 一般   :200円(160円)
 大学生  :130円(100円)
 65歳以上:160円  
※( )は20人以上の団体料金です。

休館日 月曜日
※ただし祝日または振替休日に当たる場合は開館します。
会場 浦添市美術館

地図

浦添市美術館