平成30年度 第2期常設展「琉球漆芸とJAPAN暮らしの漆器展」

公開日 2018年10月16日

最終更新日 2018年09月20日

平成30年度 第2期常設展
琉球漆芸とJAPAN暮らしの漆器展

会期:2018年10月13日(土)~2019年2月3日(日)

平成30年度第2期常設展[PDF:138KB]
H30常設2期 ポスター

今回の常設展は当館の漆器コレクションの中から、琉球漆芸に加えて日本の漆器を特集します。日本人にとって漆器は暮らしに身近なものでした。桃山時代から江戸時代の日本各地の漆器を「暮らしの漆器」をテーマに紹介します。
 

title1

琉球王国の漆芸

 琉球王国時代の漆芸の歴史を紹介します。中国皇帝への朝貢品や王国末期の王府高官の歌を刻んだ漆器などを展示します。

キャプション
黒漆雲龍螺鈿大盆
(くろうるしうんりゅうらでんおおぼん)
黒漆雲龍螺鈿大盆


title2

沖縄の塗物(ぬいむん

 19世紀ころから王府の御用漆器以外にもさまざまな漆器が作られ、一般へと広がりました。「ぬいむん」と呼び親しまれた昭和初期までの漆器を紹介します。

キャプション
朱漆芭蕉堆錦煙草盆
(しゅうるしばしょうついきんたばこぼん)
朱漆芭蕉堆錦煙草盆


title3

漆の国・日本

 本文西洋でJAPANといわれた南蛮漆器をはじめ、桃山時代の蒔絵、和歌山県根来塗、滋賀県朽木盆、奈良県吉野絵、岩手県秀平椀、石川県輪島塗や長崎県の長崎螺鈿など日本の各地の漆器を幅広く紹介します。
 また、第3室入口で日本の絵画と版画を紹介します。
 ・「錦秋」岡信孝 日本画/現代 前期:2018年10月13日(土)~12月21日(金)
 ・「天女乱舞」池田満寿夫 シルクスクリーン:屏風 後期:2018年12月22日(土)~2019年2月3日(日)

キャプション
黒漆花樹蒔絵螺鈿洋櫃
(くろうるしかじゅまきえらでんようびつ)
黒漆花樹蒔絵螺鈿洋櫃


title4

暮らしの漆器

  室内で使用する家具や道具などの調度、仏具、祝いの道具、おもてなしの器など用途にあわせて紹介します。日本人の暮らしに寄り添ってきた漆器の世界をお楽しみください。また、葛飾北斎「雪月花」校合摺り(きょうごうずり)も合わせて展示します。

キャプション
黒漆芝居弁当
(くろうるししばいべんとう)
黒漆芝居弁当


title5

漆と漆器にまつわる展示

 岩手県二戸市浄法寺町で現在行われている漆掻きの映像をご覧いただけます。また、さわれる漆器コーナーを体験してみてください。

キャプション
展示風景
展示風景


ギャラリートーク:毎週日曜日 午後2時~ 今回の展示と琉球漆器についてお話しします。
※他の催事と重なる場合は、中止となります。

________________________________________________​
 

<常設展関連イベント> 
「常設展 特別鑑賞会」※要申し込み

ガラスケース越しではなく、お手元で琉球の漆器と日本の漆器を各2点ご覧いただきます。
初めての試みです!ぜひ、ご応募ください。各回定員10名に達し次第、締め切りとさせていただきます。

こちらでもご確認いただけます! ←クリック!

募集日時第1次 2018年10月30日(火)~11月15日(火)募集締め切りました
     第2次 2018年11月20日(火)~1月10日(木)※締め切りを延期しました!
応募方法:電話でご本人が申し込みしてください。お名前やご連絡先等をお伺いします。
     また、当日に受付で氏名等のご記入をお願いいたします。
開  催  日第1回 2018年11月17日(土)14時~15時 終了しました。ご参加くださった皆さんありがとうございました!
     第2回 2019年 1月12日(土)14時~15時
開催場所:常設展示室内
料  金:常設展の当日観覧券が必要
定  員:各回10名

________________________________________________​

<常設展関連講座> 申し込み不要
「茶席の漆器と懐石料理のはなし」
終了しました。多くの方のご参加、ありがとうございました!

茶席の漆器と懐石料理のはなし[PDF:368KB]
茶席の漆器と懐石料理のはなし
茶の湯と料理に用いる漆器についてわかりやすく解説します。

講師:宮島 宗京 氏(裏千家茶道教授 茶室「松濤庵」庵主)
日時:10月27日(土)14時~16時
場所:美術館 講堂
料金:常設展もしくは「きらきらひかる展」の当日観覧券を提示

________________________________________________

<常設展関連イベント> 申し込み不要
「美術館でほっこり♡ 呈茶とギャラリートーク」
終了しました。多くの方のご参加、ありがとうございました!

美術館でほっこり♡呈茶とギャラリートーク[PDF:445KB]
美術館でほっこり♡ 呈茶とギャラリートーク
お抹茶を一服いただいたあと、常設展示室で展示中の日本漆器について当館学芸員がご案内します。
【所要時間:呈茶(30分)+常設展ギャラリートーク(30分)=1時間】

日時:10月21日(日)
   ①11時~12時 ②12時~13時 ③13時~14時 ④14時~15時30分 ※④は後半に琉球漆芸をご案内します。
場所:呈茶・・・美術館エントランス入口向かい 実習教室棟の回廊 ※雨天の場合、場所変更有り
   常設展ギャラリートーク・・・常設展示室 
料金:呈茶代 200円+常設展もしくは「きらきらひかる展」の当日観覧券を提示 ※裏千家淡交会の方は団体割引料金

________________________________________________

会場情報

「平成30年度 第 2期常設展『琉球漆芸とJAPAN暮らしの漆器展』」のご案内

会期

2018年10月13日(土)~2019年2月3日(日)

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※金曜日は午後7時まで(入館は午後6時30分まで)

観覧料

 高校生以下:入場無料
 一般   :200円(160円)
 大学生  :130円(100円)
 65歳以上:160円  
※( )は20人以上の団体料金です。

休館日

毎週月曜日、年末年始(12/28~1/4)
※ただし、12/24と1/14は開館

会場

浦添市美術館 常設展示室

問い合わせ先

浦添市美術館 TEL:098-897-3219

地図

浦添市美術館

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード