【10/21 募集締め切りました!】2018年度実習教室『金繕い(きんつくろい)教室』

公開日 2018年10月02日

最終更新日 2018年10月23日

金繕い(きんつくろい)教室

<募集期間>2018年10月9日(火)~10月21日(日)

申し込み締め切りました!当選された方には電話にてご連絡いたします。
多くのご応募、ありがとうございました!

金繕い教室チラシ[PDF:219KB]
金繕い教室 チラシ


【日時】2018年11月4日(日)・11日(日)・18日(日)午後2時~4時
        12月1日(土)・8日(土)午前10時~正午
【受講料】2,000円(材料費込み)
【定 員】10名 
※全5回とも出席できる方が対象
【持ち物】修復したい陶器や磁器類 1~2点ほど
【講 師】大見謝 恒雄(おおみじゃ つねお)  氏(漆芸家)

【内 容】
「金繕い」とは、欠けたり割れたりした陶器を漆で接着し、継ぎ目に金や銀の粉をまいて飾る日本独自の修復法です。
今回の教室では、壊れてしまった陶器類をご持参いただき、それを修復していきます。
初めての方も大歓迎です!この機会に、あなたの大切な器を直してみませんか?


【申し込み方法】
電話でのお申し込みのみ受付致します。ご連絡頂いた際にはお名前・ご住所・電話番号・これまで当館主催の実習教室に参加されたことがあるかの有無をお聞きいたします。
連絡先:098-879-3219 浦添市美術館 実習教室受付まで
(募集期間)2018年10月9日(火)~10月21日(日)

 

※応募者多数の場合は、実習教室未経験者を優先し抽選になります。あらかじめご了承下さい。
※当選者のみに電話とハガキでお知らせ致します。
※次年度の実習教室作品発表展への出品のご協力をお願いいたします。

 

【講師紹介】
 大見謝 恒雄(おおみじゃ つねお)  氏
 
石川県立輪島漆芸技術研究所 蒔絵卒業
 2002年 沖縄県工芸指導所木漆工嘱託講師勤務(2002年~2006年、2013年~2016年)
 2006年 首里城正殿修復作業に従事(2006年~2016年)
 2013年 沖縄タイムス芸術選賞 奨励賞受賞
 2015年、2016年 沖展準会員賞受賞
 2016年 沖展会員

 

地図

浦添市美術館

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード